ママと息子、たまにパパ

1歳の息子を中心に三人家族の日々をつづります。お気に入りのおもちゃ絵本など育児グッズの紹介もします。

寝かしつけ絵本 『おやすみ、ぼく』

こんにちは
本日はお気に入りの寝かしつけ絵本の紹介をします。

本日紹介したいのは『おやすみ、ぼく』という絵本です。


おやすみ、ぼく [ アンドリュー・ダッド ]


寝かしつけ絵本を探している時に、表紙のオラウータンの可愛らしい絵に一目ぼれして購入しました。

オラウータンの子どもが自分のあし、ひざ、もも、おなか・・・と体ひとつひとつにおやすみと呼びかけながら眠りについていくお話です。

優しくてふんわりとした絵ももちろん気に入っていますが、
オラウータンの子どもの体への呼びかけが可愛らしくて、読み聞かせているこちらが温かい気持ちになります。

私のお気に入りのフレーズはおしりさんに、「あさまで いいこに していてよ」というところです。
息子はまだ一歳なので、オムツをしていますが、大きくなったらこんな風に思うのかなとくすっと笑ってしまいます。
他の場面も読んでいるうちにオラウータンと息子が重なってとても微笑ましいです。

この本のいいところは、オラウータンの子どもの呼びかけに合わせて、子どもの体ひとつひとつに触れ一緒におやすみを言えるところです。

この本のおかげで、一日の終わりに子どもとゆったりと触れ合え、私自身にもそしてきっと子どもにも、とてもいい時間を過ごせていると思っています。

気になる方は、是非チェックしてみてください(^^)